やまてつとは

にぎわいを見せる創業当時の店内
にぎわいを見せる創業当時の店内

 昭和14年(1939年)

創業者山口留吉が現在の場所に

「山鉄乾物店」をオープン。

川崎で唯一のかつおぶし店として、

戦時中の食料品の供給に貢献。

 

昭和26年(1951年)

「山鉄水産株式会社」として法人化。

各種乾物、結納品を扱う。

  

鰹節ビル
鰹節ビル

昭和30年(1955年)

新社屋「鰹節ビル」にてかつおぶしを

内祝の贈り物として販売。 

神奈川県立労働会館、川崎市労働会館など

多くの結婚式場の指定を受け、ブライダル

ギフトを扱う。

 

昭和38年(1963年)

陶器、漆器、ガラス、金属製品などを

取り扱う部署を新設し、総合引出物商社に

拡大。

 

山鉄
山鉄

昭和43年(1968年)

「株式会社山鉄物産」に改名。

 

昭和48年(1973年)

川崎砂子本店を結納品専門店として改装。

 

昭和52年(1972年)

2代目社長に山口総一郎就任。

東京都の各結婚式場へ引出物を販売。

 

昭和60年(1980年)

本社新社屋「山鉄ビル」竣工。

結納品・かつおぶしギフトを扱う。

 

平成21年(2009年)

創業70周年を迎える。

 

現在は主に、かつおぶし、結納品、引出物、内祝、お中元・お歳暮などの記念日ギフトを扱う。